A型インフルエンザにかかってしまいました

インフルエンザの薬 リレンザ

昨日の夕方から咳がでるようになり、しだいに寒気、鼻水、熱が38度でるくらいになりました。
1月になって同じオフィスの中で2人インフルエンザが出ているので、念のため、今朝インフルエンザの検査にいったら、A型インフルエンザにかかっていることがわかりました。

検査は、鼻から細い棒を通してコシコシする、痛い検査。迅速診断キットというそうです。
経鼻内視鏡より痛くてびっくりしました。
コシコシやられているとき、心のなかで「どS!」と叫びましたが、察したように、「しっかり取らないと、ちゃんと診断できないんですよ」といわれました。。。すみません…  

一旦、待合室に戻り、10分くらい経ったら再び呼ばれ、検査結果の説明。
「残念ながら、この薄い青いラインはA型に感染しているということです」と先生。
処方される薬の内容や、自宅療養に関する説明やを受けました。

医院を出て、薬局で薬を受け取ったあとすぐに、会社に連絡し、厚生労働省の指導通りに、感染の翌日から5日間、かつ、熱が下がってから2日間は自宅療養することになりました。
昨日23日に発症したので、28日までは自宅療養です。
土日を挟むので3日間の有給休暇で済みそうです。

去年晩秋にインフルエンザワクチンをしたのですが、それでもかかるということを身をもって知りました。
昨晩の発症の翌日、今朝の時点では、37度くらいの熱で症状としては軽いかと思いましたが、昼すぎからは全身の痛み・だるさがひどくなり、昼から20時までベットから起きられませんでした。熱は、昼から37.8度くらいの平行線。

なので、ベットのなかで、寝ながら、スマホで会社の人と、業務確認等のやりとりをしていました。便利なのか便利じゃないのか…

処方されたのは、リレンザ

リレンザは粉状の薬を専用の機器で吸入するもので、吸入器がなんだかかっこいい。
インフルエンザにかかったのは、もう10年以上ぶりなので、医療の進歩を感じました。

あとは、漢方で麻黄湯(まおうとう/粒状)。
これはときどき風邪のひきはじめに、自分でツムラの市販薬を購入して服用することがあります。昨日も悪寒がしたときに、飲んでいました。医師からもらった説明書には、重症化を予防する効果があるそうです。

今回の教訓は、
・ワクチンをしてもインフルエンザにかかるので油断しない。我慢しない。
やや軽度でがまんして出社してインフルエンザをまき散らさないように、不調を感じたらすぐ医療機関で検査を。家族に乳幼児や高齢者がいる会社の人に感染させたら大変です。

・インフルエンザにかかったら、医師の指導のもとしっかり療養する。
・日ごろから、体調管理に気を付ける

先月、ノロウィルスについてブログにかいたら、しばらくして、感染性腸炎にかかり、
インフルエンザの話題を同僚を話したり、リツイートしたりしたら、インフルエンザにかかり…。
いずれも、長い間かかったことのない病気だったのに。
あまり信じていなかった厄年を疑ってしまいます…

JUGEMテーマ:インフルエンザ
   
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ   blogramで人気ブログを分析


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック