瀬戸内レモンで自家製リモンチェッロ

レモンの旬(冬〜春)も終わりのころ、スーパーで瀬戸内レモンが安く売っていたので、
前から作ってみたかったレモンのリキュール「リモンチェッロ」を作ることにしました!
皮の成分を度数の高いアルコールで抽出するので、
できるだけ、ワックス不使用や農薬等が少ないレモンを選びたいですよね。

こちらのレシピを参考に作ってみました!(わかりやすいです!)

ほぼ日刊イトイ新聞 フランコさんのイタリア通信


<初日:仕込み>
レモンの皮とスピリッツ
できるだけ皮をうすーく剥いて、アルコール(スピリッツ)を投入
スピリッツはアルコール度数が高いので火気厳禁!!

<一週間後>
リモンチェッロ仕込み一週間後
黄色に染まっています!
あとは、グラニュー糖と水を溶かした液を一気に注いで完了!
グラニュー糖と水でけっこうな体積があるので、
始めにスピリッツの量より、2.5倍くらいの容量がある瓶がおすすめ

<瓶詰→冷凍庫>
消毒した空のワインの瓶等につめて完成!
市販のリモンチェッロみたいな、キレイな濁った色です。
高いアルコール度数なので凍らず、飲みたいときにキュッと一杯。
自家製リモンチェッロ

<あまった果実>
レモン
使わない果実は、白い皮をとって、くし切りにして冷凍保存。
コーラなどドリンクやカクテルに入れたりして重宝しています。


 
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ   blogramで人気ブログを分析


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック